MacBook に OSX と CentOS デュアルブート成功!

以前に BootCamp を使った時に

何回か他の Linux 系とデュアルブートしたことがあったけど、

毎回使いもしない Windows 用ドライバー群の CDROM を作らされて

さすがにうんざりしたので、

BootCamp アシストは使ってなかった。

 

でもそろそろ他の人たちのネット情報に Mac でのデュアルブートの

情報が探せれたりしたので、右へ習って挑戦したのです。

先人の皆さんありがとうございます。

 

ちなみに MacBook 13-inch Late 2006 Core2Duo 2.0GHz

Memory 2.5GB HDD 80GB です

 

1  rEFIt をダウンロードして解凍

2  rEFIt.mpkg をダブルクリックで MacOSX にインストール

3  ディスクユーティリティで OSX パーティションを縮小

4  CentOS 64Bit iso DVD をスロットイン

5  再起動、ジャーンと鳴ってる最中に Option キー押下

6  ハードディスクアイコンの下に「 rEFIt 」の文字が出る

(ただし私の場合は3回目の再起動でやっとこさ出現!

1回目で出ればラッキーぐらいの気持ちで)

7  DVD から起動してインストール

(今回パーティションは /dev/sda3 にルート( / )、

/dev/sda4 に Swap 領域をそれぞれインストール中に設定)

8  Grub のインストールはルート( / )のある /dev/sda3 に設定

9  DVD が吐き出されたら再起動

10 rEFIt の OS 選択画面(?)が出てくるので右カーソルで

下段の左2つ目のハードディスクみたいなアイコンに合わせて Enter

11 なんかシンクロ(?)して良いか?みたいな感じになるので

迷わず「y」 Enter

12 元の画面に戻ったら下段の「下矢印」で一旦終了

13 電源ボタンで起動してワクワクしながらペンギンで Enter !!

14 無事 CentOS 起動!

 

VirtualBox だと画面サイズがモニターより小さくなり

しかも少しもたつくのでストレスを感じてたので

これで一気に解消!

しかも会社でコッソリ使って勉強することも可能!

ムフフ、、、、、頑張ってよかった!

 

< 2014-04-23 追記 >

なぜだか不明ですが

Lion のソフトウェアアップデートを実行したくらいから

rEFIt が出なくなったので、、、、、、、

 

再度 rEFIt だけインストールし直して

また rEFIt が出るまで再起動!

そいで Sync !

再起動!

う、、うまくいかない、、、、、、。

もう一度 CentOS インストール!

なんとか成功したけど、、、、、、。

結局デュアルブートを止めて、

MacOSX Lion 一本に!

 

もしこれ見て自分もやってみようと思った方、

その時は MacBook の HDD 全てをCentOS にした方が

後々苦労しなくて済むかもよ。

 

私は東芝 EQUIUM S6300 で CentOS 動作中なので

これ以上 MacBook はいじるのを止めにしました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.